【患者さま・ご家族の心を化粧ケアと傾聴でサポート
化粧ケア専門士&看護師豊永純子です】

最近の新人は、5教えたら5しかできない。
10に自分でできないだよ。

そのような事感じた事はありませんか?

どうして、ここまでやらなかったの?
って質問すると

「教えてもらってません、聞いてません」
そんな返答がかえってきて
かっちーんってきた指導者さんも多いのではないでしょうか?

でもちょっと考えてみましょう。

その新人さん、どうしてやって欲しいところまでできなかったのか?

出来ないラべリングの前に考えてみましょう

①実は思いついてたかもしれないけれど、やっていいのかどうか判断できなかった

②もしかしたら、言った事は出来るけど自分で考えることができないのかもしれない

③自分の看護師としての役割が分かってないのかもしれません

出来ていない事の裏には、色んな理由があるのです。

単純にできないレッテルを貼る前に

どうしてできなかったのか?
どうして、やらなかったのか?
何が分からなかったのか?
どこまで自分で考える事が出来ていたのか?

聞いてみるといいですね。

そこから、その新人看護師に対する指導対策も見えてきます。

指導者側も、新人看護師を理解する努力も必要ですね。