皆さんは、自分の部署や他部署の他のスタッフや
後輩スタッフとコミュニケーションが取れている。

と自信を持って言えますか???

「もちろん、いつもきちんと指示も出せてるし」
「しっかりミーティングで用件や伝えるべきこと話せてます」」
「毎朝おはようと、帰りのお疲れ様とか伝えてますよ」

と言われる方が多いのではないかと思います。

しかし、用件だけ、指示だけ、挨拶だけで
スタッフはコミュニケーションをとれていると感じているでしょうか?

声かけてくるのは
指示がある時だけ
用事がある時だけ
挨拶だけ
と思われていませんか?

日々の会話が無い所に人間関係の基礎は築けていませんよ

もし、逆の立場だったらどうでしょうか?
指示だけ、会議だけ、挨拶だけしか交わさない理事長、院長、事務長と
人間関係の基礎は築けていると感じることが出来ますか?

日々の何でもない会話や、スタッフに関わろうとする姿勢でのコミュニケーションが無ければ
それは、コミュニケーションが取れているといいません。
打ち解けることが出来ていない関係です。

時々の何十分よりも
毎日の1分から雑談というコミュニケーションをはじめてみてください。

毎日の会話は、
あなたに関心があること
気にかけてくれいる事
見てくれている
という気持ちを感じてもらえることで
スタッフは安心し、心を開いてくれます。

たまに、時々大切な事を話すために30分の時間を取ったとしても
スタッフは、
何か言われるんじゃないか?
注意されるんじゃないか?
めんどくさい事頼まれるんじゃないか?

そんな風に解釈してしまうかもしれませんね。

日々の雑談は、人間関係の基礎工事。
土台を築くために、とても大切なのです。

ぜひ、さっそく毎日1分の雑談力をあげて
スタッフとの雑談時間を作ってみてください。