【患者さま・ご家族の心を化粧ケアと傾聴でサポート
化粧ケア専門士&看護師豊永純子です】

ストレスと聞いて貴女はどんな印象を持ちますか?

「ストレスで
眠れない、やる気がわかない、食事がとれない、動く気がしない」

こんな話を後輩や同僚から聞いたらあなたは?

「ストレス何て気のせいよ」
「やる気が無いから逃げてるだけよ」
「気持ちが弱いから、そんなになるのよ」
「ストレス何て誰でもあるんだから甘えてるわ」
などなど思った事はありませんか?

ストレスは誰にでもあるもの。
ストレスがあるのは当然の事。

このストレスがどーんと押し寄せて
何もする気になれなかったり
辛く苦しい時。
そんな時、

「こんなの私じゃない」
「ストレスで何もできないなんてありえない」
「こんな時こそしっかりしなくちゃ」

と考えてしまってはいませんか?

何もしないという選択

本当にストレスの反応が心や身体に出始めた時
何もしないという選択もありなんです。

日頃の仕事はきちんとする
食事をとるなど日常事はこなしつつも。

新しい事にチャレンジしたり
無理に動こうとしたり
人に会いに行ったり

その事で、心が満たされていくのであればいいのですが。
余計に疲れてしまったり辛くなるなら

そう、何もしない。

そういう選択をしてもいいんです。

これも一つのストレスマネジメント。

貴女は自身のストレスに気が付けていますか?