仕事をしていると

「ほかの人が忙しいんだから、少しは手伝うべき」
「師長は、主任はもっとスタッフを気遣って配慮できる人であるべき」
「少しは朝早く出勤して準備すべき」
「ミーティングで決まったことをするんだから協力すべき」
「私が教えてもその通りにしないのは、私が言われることがムカついてるに違いない」
「もっと新人の事を教えて欲しいのに。教えるのが嫌いに違いない」
「おはようって言ったのに何も言わない。私が嫌いなんだ」
「皆私が仕事できないと思ってる」
「今日ミスしてしまった、私は看護師として才能が無いんだ」

もっともっと沢山、皆さの中にある認知(受け止め方)はありませんか?

実はこれがあなたストレスという名で苦しめているかも

これらの、受け止め方はあなたのストレスの原因になっているかもしれません。

少し受け止め方を変えると
もっと気持ちにゆとりを持って仕事に向き合う事が出来ます。

「ほかの人が忙しいんだから、少しは手伝うべき」
⇒もしかしたら忙しい事に気が付いてないかも
「師長は、主任はもっとスタッフを気遣って配慮できる人であるべき」
⇒上司に人格的素晴らしさを求めるのではなく、役割として求めてみませんか?
   上司も一人の人です。
「少しは朝早く出勤して準備すべき」
⇒早く出勤できない事情もあるかもしれないな。仕事に間にあって患者さんに迷惑がかから中ればいいよね。
「ミーティングで決まったことをするんだから協力すべき」
⇒もしかしたら、何を協力したらいいか理解が出来ていないのかも
「私が教えてもその通りにしないのは、私が言われることがムカついてるに違いない」
⇒実際にムカついているって言われましたか?あなたの憶測ではありませんか?
「もっと新人の事を教えて欲しいのに。教えるのが嫌いに違いない」
 ⇒実は、自分がしどしていいのか?でしゃばってると思われるかもって遠慮してるかも
「おはようって言ったのに何も言わない。私が嫌いなんだ」
⇒ただ、聞こえてなかっただけかも
「皆私が仕事できないと思ってる」
⇒実際に言われたの?
「今日ミスしてしまった、私は看護師として才能が無いんだ」
 ⇒ミスは辛いけど、一つのミスで看護師人生全て否定はされていないよ

これはあくまでも受け取り方の例ですが。

こうやって、受け止め方を変える事で少しはストレスを軽減したり
人間関係が円滑に進むこともあります。

受け止め方と変えてみる。

ぜひ、試してみてください。

対人関係力をUPさせる医療者向けセミナー
http://studiojun.jp/