【患者さま・ご家族の心を化粧ケアと傾聴でサポート
化粧ケア専門士&看護師豊永純子です】

看護師を採用する担当者の方。
大きな病院だと、看護部長、事務長などが面接をします。
クリニックなどですと、院長が面接をすることが多いのではないでしょうか?
大きなクリニックですと、看護部がしっかりあり看護部長が面接されるところもありますね。

せっかく採用した看護師が、合わなかったと短期間で退職。
そうなると、採用コストの採算が取れません。
紹介会社に依頼した場合は、看護師年収の20%近くは紹介会社に支払います。
その後、病院内の研修を行ったとしたら。
職員が研修講師を引き受けたとしても、その人件費
会議室使用時の光熱費、資料の印刷など。
保険や、様々な事務手続きも含めるとそれ相応のコストが発生します。

しかし、看護師は合わないと思えば辞めて行きます。
そういう私も、そうでした・・・。

なぜなら、働く場所があるから。
病院が支払ったであろう経費等、働く側からしたら知ったこっちゃないのです。

では、この様な退職者を沢山生まない為にはどうすればいいのでしょうか?

病院の大きさなど、様々な要因が関係するので一律では言えない事もありますが。

「病院の方針に沿った看護師を選ぶこと」

とにかく人が来てほしい、スタッフが足りない所はどんどん採用します。
でも、どんどん採用している割に日々採用情報欄に掲載されている。
怪しいですね。

ただ、方針に沿った看護師を採用したとしても現場で違うと思えば辞めていきます。

その為には、しっかりとしたフォローアップ制度
研修、働いてみてどんな印象を持っているか、困っていることは無いか等フォローアップを怠らない。

中途採用なんだから、放っておいてもそれなりに働けるでしょう
そのような考えでは、中途採用者は辞めて行きます。
なぜなら、比較できるところを沢山知っているからです。
そして、看護師のネットワークというのは評判があっという間に広まります。

★マニュアルが無い
★指導がきちんとしていない
★指導者がきちんと教えてくれない
★経験者だからといきなり現場に一人で入らされる
★働いてみたら思っていた内容と違ってた
★想像以上に職場環境がきつかった
★今後の病院改革方針と合わない
★採用されたばかりなのに、どんどん責任ばかり背負わされる

などなど、中途採用者が辞めたくなる理由は新人が辞めたくなる理由とは異なります。

では、こうならない為には???

例え中途採用者であってもしっかりコミュニケーションをとっていくことが必要です。
中途採用だから、知っているだろうではありません。
困っている事は無いか?
働きにくい、客観的に気が付いた事は無いか?
働いてみてどんな事を感じているのか?など
フォローしていく必要があります。

そして、マニュアルなどしっかりした確認の出来る業務内容、看護基準を作成する。
看護師は、少なからず仕事に対し「~べき」思考があります。

今まで働いていた病院では〇〇してた。
感染対策は、こうあるべきだ。
患者さんに対して、○○するべき。

などなど。

多くのべきが存在しています。
そういうジレンマも中途採用看護師を疲弊させる原因になっていきます。

全ての意見を聞き入れて採用していくという事ではありません。
日々コミュニケーションをとっていくことを意識する事が重要です。

しっかりコミュニケーションをとって、せっかく採用になりご縁のあった看護師と病院です。
長く働いて、病院の力となり患者満足度をUPできる自慢のスタッフに育ってもらいたいですよね。