医療従事者のコミュニケーション力, 医療従事者のストレスマネジメント, 新規開業クリニック看護師育成

~すべき思考の強い後輩や同僚はいませんか?

【患者さま・ご家族の心を化粧ケアと傾聴でサポート
化粧ケア専門士&看護師豊永純子です】

皆さんの後輩、同僚、上司も含めて

「~すべきである」
という「べき思考」の強い方は周りに居ませんか?

仕事をしていると必ず1人や2人はいるのではないでしょうか?

看護師として、医療従事者として
とても責任感もあり、理想が高くきちんと仕事をすことができるひとではないでしょうか?
素晴らしい事ですよね。
仕事を、きちんと進めることが出来る人。
職場には必要な人材だと思います。

べき思考の方は、到達すまでの過程を楽しめていますか?

べき思考はとても仕事をするうえで必要な事もあります。
看護師という職種は、なおさら強いのではないでしょうか?

しかし、問題となるのは?

目標に到達するまでに過程を楽しめていますか?

到達までの経過が楽しめなくなってしまうと。
自身の事を
「よくやった」
「私頑張ってる」
「いい感じで進んでるよね」
と、自分で自分を認めてあげることが出来なくなってきます。
自己承認できないんですね。

これは、自分にだけ向くのではなく・・。
他人にも厳しく要求してしまうという事になってしまいます。

看護目標と一緒なんですよ。経過を楽しむという事は

患者さんの看護計画を建てた際に、大きな目標、
そして一つづつクリアしていく小目標を建てますよね。

それと同じです。
小さな目標を積み重ねて大きな目標が達成される。

つまり患者さんも同じ気持ちになっている方もいますね

患者さんだって「べき思考」の強い方がいます。
そういう方は、退院までの経過を焦って過ごしているかもしれません。
楽しむという状況ではないでしょうが。
退院という目標に向かって気持ちが焦りストレスをためているかもしれません。

過程を楽しみながら、理想までの自分に近づいて行きましょう。
そして、私頑張ってるねって言ってあげてくださいね。

コメントを残す