【患者さま・ご家族の心を化粧ケアと傾聴でサポート
化粧ケア専門士&看護師豊永純子です】

仕事やスポーツ、またまた日常生活でも
前向きで、ポジティブでいることが良い事!
と考える方は多いのではないでしょうか?

しかし、365日毎日前向きにポジティブに。
と過ごし続けると人はどのようになってしまうのでしょう?

緊張させっぱなしのゴムはいつか伸びて戻らなくなります

例えば、輪ゴム。

両方に引っ張って、ずっと緊張させた状態で置いておくとどのようになるでしょうか?

切れる
伸びきってしまう。
最後は、最初の弾力のある状態には戻らなくなってしまいますよね。

人の心も同じでです。
前向きに前向きに。
後ろを振り向くな。
前進あるのみ。
仕事は常にポジティブに!

という状態を続けていると、人の心もゴムのように緊張状態が続きすぎて
切れてしまったり、伸びきって戻らなくなってしまいます。

前向きポジティブは良い事ですが休憩も必要です

前向き、ポジティブは良い事ではあります。

ただ、その状態を無理に続けないという事が必要なのです。
人の心は、前向きになれない時もポジティブでいることが辛い時もあるでしょう。

でも、それはやる気が無いのではなく。
気合が足りないわけでもなく。

凄く自然な心の休息のサイン。

自身で「ちょっとポジティブ辛いな」と思った時は
心が休めのサインを出している時です。

人は、緊張状態を永遠続けることはできません。
サインが出る前に休む。
サインが出たら、もちろん休む。

緩急つけたて仕事をすることがパフォーマンスを上げ
事故を防ぎ、ひいては患者様へのケアが充実してくるのです。

年末も押し迫った今日。
みなさんの心には、休めのサインは出ていませんか?

出ているのであれば、ちょっと心を休ませてあげてください