医療従事者のコミュニケーション力, 医療従事者のストレスマネジメント, 新規開業クリニック看護師育成

ストレスはうつ状態を作る悪い物ばかりではありません

【患者さま・ご家族の心を化粧ケアと傾聴でサポート
化粧ケア専門士&看護師豊永純子です】

ストレスは、人にとって悪い事ばかりだと思いますか?
それとも、少しは役に立ってくれていると思いますか?

実はストレスは、悪玉と善玉があるんです。

善玉ストレスは快ストレス

実は、適度なストレスは心や身体の働きを活性化してくれるのです。

私は、手術室に長く勤めていました。
緊急手術って大変ですが。
意外に好きでした。
何とも言えない緊張感。
助けなければならない時間との闘い。
張り詰めた空気感。

これらの緊張感が、私の頭をクリアーにして
軽快に身体を動かすことが出来ました。
この緊張感には、終わりもあり
なんといっても、張り合いや、手術が終了した後の感じる
やりがいにつながっていました。

この様な適度な緊張感は、すごく気持ちよく仕事ができ
終わった後の充実感を味わう事が出来るのです。

悪玉ストレスは不快ストレス

では、悪玉ストレスはどんなストレスでしょうか?

過度にストレスがかかってしまい、身体も心もバランスを失って
様々な症状を出してしまう状態になるストレスです。
例えば、仕事の重圧でプレッシャーがかかった状態が長期間続く
人間関係で、うまくいかない状態が長期間続くなど様々な状況があります。

このストレスは、心や精神状態には神経症やうつ病などを引き起こします。
身体には、心身症や生活習慣病などありとあらゆる病気を引き起こします。
行動や嗜好には、依存症や逸脱行動などの問題行動があらわれてきます。

ストレスは必要なものだけれど過度になると問題を引き起こします

適度なストレスは、必要なものです。

しかし、そのストレスが過度にかかる事によって引き起こされる様々な問題。
これを放っておくと、自らの生活も通常通り過ごせなくなるばかりでなく
様々なものを失ってしまう事にもなりかねません。

何度もお伝えしているように、ストレスを感じることは普通の事。

ストレスは、見過ごさない、大丈夫と思わない、平気なふりをしない。

そして、周囲の方の変化に気が付く環境を作っていくことが必要です。
その為には、円滑に行われるコミュニケーション。
スタッフ同士を思いやる事が出来る環境。
以上の事がとても重要になってきます。

皆さんが今感じているストレスは、あなたの心のキャパシティーを超えてはいませんか?
何か、自信に変化は起きていませんか?

楽しくイキイキ働けている方は、良い適度なストレスが
貴女の仕事をサポートしてくれています。

辛くて、苦しいと感じている方は、もしかしたら過度なストレスで
何か行き詰っているのかもしれません。

今のご自身の状態に気づく。
そんな時間をつくってみてください。

コメントを残す