皆さんは、仕事をしていて

スタッフ間で言いたいことを我慢してイライラしたり。

「あ~~~もうほんとムカつく、いやになる」って思ってませんか?

言いたいことを我慢する
相手の態度にイラッとしてるのに言えない
もうちょっと、頑張ってほしいけど伝えることができない
忙しいんだから、ちょっとは周り見て手伝ってよ
状況みてさ、他の人も忙しいんだから仕事のペースあげてよ

看護師してると、意外にアルアルなイラッとシーンじゃないですか?

イラットして、自分が我慢して日々過ごしていなければいいのですが。
我慢しているのであれば、その気持ちを相手に伝えてみるといいかもしれません。

ただ、伝え方が大切。

イラットした感情のまま伝えてしまっては
相手もイラッとしてカチンとしてしまいます。

まずは気持ちを落ち着けて一呼吸置くことが大切。

そのうえで、さわやかに自分も大切にしながら
相手にも配慮する「アサーションのスキル」が役に立ってくるのです。

気持ちを伝える相手への想い
相手に対する承認
相手に対する配慮
どうして自分が今、伝えたいのか自分の抱いた感情
そして、今後どうしてほしいのかリクエスト

等を織り交ぜて伝えていくことが大切です。

怒りのままに
「ちゃんと仕事してよ、忙しいんだから」
「もっとまわり見れない?忙しいのあんただけじゃないんだよ」
「周りの人の仕事も手伝ってよ」

などと感情に任せて伝えてはいけませんよ。

まずは、伝え方。

怒りやイライラの感情をのせて伝えてしまうと
そのまま、そのイライラのまま伝わってしまい
全く解決にならないどころか、もっと関係性が悪くなることがありますからね。

伝え方です。

看護師の仕事は、時間に追われなかなか立ち止まって考える事が出来ないかもしれません。
だからこそ、一度立ち止まってぐっと怒りを抑えて
爽やかに、相手にも配慮して伝えることが必要な現場なんです。

それが、ミスを減らし連携のとれた看護へつながっていきます。