医療スタッフの印象管理

患者さんは看護師の会話を実はよ~~く聞いてますよ

皆さんは入院した事ありますか?
外来でも自身が患者さんになって待合室で待っていたことはありますか?

そんな時に気になるのが・・・・。

「スタッフ同士の会話」

特にクリニックのような、受付が目の前にある場所。
受付や、看護師の会話がすべて聞こえる。

業務に関する会話なら仕方がないのですが。

私語!
スタッフの皆さん、患者さんは聞いていますよ。

待ち時間が長くなれば長くなるほど暇なんですよ。

次は呼ばれるかな?

なんて、スタッフ同士の会話に聞き耳立ててるんですよ。
勤務表の事などなど・・・。
今じゃなければだめですか?
その会話。
昼休み、勤務終了後ではだめなのでしょうか?
意外に、聞こえていないだろうと思っているとおもいますが
「ひそひそ話す声」

あれ、ほぼ聞こえています・・・・。
響くんですね、ひそひそ声。
患者さんの申し送り内容を伝えているんだけど。
ひそひそ声で話されると
聞こえている患者としての自分は、とても不愉快な気持ちになります。

あと、とっても多いのがスタッフ同士の「ためぐち」
スタッフ同士で仲良くなってしまうと気が付かないかもしれませんが。
お互いの名前をニックネームで呼び合ったり
敬語も使わない会話。

これ、意外に耳につくものです。
現場にいる皆さんは気が付かないかもしれませんね。

ご自身が、ホテルやレストランデパートなど
お客として訪れた場所で、

*私語
*ニックネームで呼び合うスタッフ
*ひそひそ声で話すスタッフ
*お互いに敬語も使わず日常会話の口調で話すスタッフ

この様な場面に出くわしたとき
あなたはどの様に感じるのでしょうか?

なぜか?逆の立場になると忘れてしまう
気が付かない?
気にしない?

患者さんは、皆さんの言動をしっかり見ていますよ。
そして、それは口コミや病院の評判へとつながっていきます。

開業すれば、患者さんがクリニックに自然とやってきてくれるわけではありません。
診療の技術、看護の技術が素晴らしいのは当たり前です。
+α患者さんからの信頼を得られる医療を提供しなければ
患者さんは、あなたのクリニックを去っていきます。
患者さんが安心して、信頼できるクリニックになる為の一歩。

もう一度見直しましょう。

コメントを残す