医療スタッフの印象管理, 医療従事者のコミュニケーション力, 新規開業クリニック看護師育成

コミュニケーションは技術だからこそ皆学べば身に付けられます

【患者さま・ご家族の心を化粧ケアと傾聴でサポート
化粧ケア専門士&看護師豊永純子です】

私は、コミュニケーションが苦手なんです。
コミュニケーション得意ですか?

と聞くと苦手と答える人が多くいます。

では、なぜコミュニケーションが苦手なんでしょうか?
そもそも、私たちは学校に通い社会人になって
様々な研修も受けて来て。
コミュニケーションの技術を学ぶための時間というはどれくらいとってきたでしょう?

コミュニケーションとは?

語源はラテン語の「communicare」(共有する)です。
日頃私たちが使っている「コミュニケーションとは」
言語、態度、身振りなどによりお互いの気持ち、意見、考えを伝えて理解する行為と考えられています。
1対1だけではなく、多数の方を対象としたものも含まれます。
様々なメッセージを共有すること。
それがコミュニケーションです。

コミュニケーションは技術なんです

では、このコミュニケーション。
なぜ得意、不得意という言葉で表現されるのでしょうか?

そもそも、コミュニケーションは技術です。
技術というのは、人から学び教わる事で習得していきます。

そうです。

ただ、苦手という人は技術を学んで習得するための練習を行っていない。

それだけなのです。
そして、技術ですから日頃からきちんと意識して使っていなければ・・・。
上達もせず、磨かれることもありません。

コミュニケーションを学ぶメリットは

では、コミュニケーションを学ぶメリットはどこにあるのでしょうか?

それは
「一人でも多くの人とストレスを少なくやり取りを行う事ができる」

これが最大のメリットです。
仕事では、患者さん、家族、医師、同僚、コメディカル。
様々な人とのコミュニケーションの上で仕事が成り立っています。
全てのコミュニケーションにストレスを感じながら日々過ごしていくとどうでしょう?

集中すべき仕事に集中できず。
出勤する事すら嫌になる。
職場が嫌いになるという事もあるでしょう。
スタッフ自身もストレスによる弊害が出て。
そして、その弊害は患者さんへ向いて行くのです。

このコミュニケーションによる問題を、
技術を学ぶことで、スタッフが実践する事が出来れば
ストレスの緩和にもつながり。
しっかり連携のとれた医療へとすすむ一歩となる事が出来るのです。

コミュニケーションを学ぶことで、病院、施設内のストレス緩和に取り組んでみませんか。

コメントを残す